年間の中で為替レートに変動が多い時期

市場の動きを大雑把にでも理解しておくことはFX取引には重要なことです。月毎にどのようなバイアスが、偏りがかかる傾向があるかを把握することは取引の参考になります。

 

年間の中で変動が大きいのは8月で、急落することが多いことで良く知られています。ドル円の1年間の値動きの傾向は、とにかく、特に8月に下がる傾向があるといわれてます。一般的に週末土曜日曜でも「ギャップが空く」ことがありますが、お盆休みの間に、余暇を楽しんでいた日に大幅な円高ドル安になったりすることがあります。ここでは東京市場についてですが、2月、5月、8月、11月は外債の利払いのために円転(円に替える)が多くなるためドルが売られやすくなると言われています。外債の利払いだけではなく、6月~7月の実需の買い(例えばボーナスシーズンの外貨預金や外債投資など)の上昇後に反動が起こったり(ドル売り)、お盆休みは日本国内での参加者が少なくなり、そこに投機筋の仕掛け的なドル売りが入るということが、8月の円高要因として想定されます。お盆休みについては、参加者が少なくなり取引量が減ったところで仕掛けが入るとインパクトが強くなります。
また、FXは長期休暇のあるゴールデンウィークやお盆、年末年始などにキャンペーンなどを開催しています。
通常の入金をするだけでその入金額と同じ額のボーナスを貰えることも多々有ります。
口座によっては年中色々なキャンペーンやボーナスを展開しているので、そこを抑えるのも取引の大切なポイントです。
海外FXのキャッシュバックを今すぐチェック!!

Comments are closed.